品川神社 | 神社仏閣 | 京都で叶える和ウエディング -想い出結婚式-

【フリーダイヤル】 TEL:0120-701-151

【営業時間】 平日11:00〜19:00 土日祝10:00〜19:00 火曜・水曜定休

CEREMONY  

想い出結婚式 HOME  >  神社仏閣  >  品川神社

都内に十社ある「元准勅祭神社」のひとつ。東海道北品川宿の鎮守である。

平安時代末期の文治三年(1187年)に、源頼朝公が海上交通の安全と祈願成就の守護神として、安房国洲崎明神(現・千葉県館山市)の天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)を勧請し、品川大明神と称しました。鎌倉時代末期に「宇賀之売命(うかのめのみこと)」(お稲荷様)を、太田道灌公が「素盞鳴尊(すさのおのみこと)」(天王様)をそれぞれお祀りしました。徳川家康公奉納の天下一嘗の面、葵神與などが伝存し、太太神楽(だいだいかぐら)は都技芸無形文化財に指定されています。

初穂料は60,000円となります。







 


  • 朱塗

[ 所在 ]
〒140-0001 東京都品川区北品川3丁目7-15
[ アクセス ]
京浜急行「新馬場駅」(北口) 徒歩1分

一覧ページへ戻る

■ 場所から探す


■ 神社仏閣名から探す